知らずに大量にセットアップすると悲惨なことに。

ディスク用プロダクトキーで管理すべし。





パッケージ版 Office 2013 / 2016 に付いてくるプロダクトキーは、Microsoft アカウントに紐づけるためだけのものです。

紐づけが完了するとマイアカウントページに製品名が出てきますが、使ったプロダクトキーの情報はページ上には出てきません。


例えば、同じエディションの Office を会社で 3つ 持っていて、すべて同じ Microsoft アカウントに紐づけたとします。

すると、3つのインストールボタンが出てきますが、どのプロダクトキーを使って出てきたボタンかはわからない仕様になっています。

最初のインストールはうまくいっても、再インストールが必要になった時にどのボタンを使ってどの PC にインストールしたのかわからないのです。 

Office 2013 / 2016 パッケージ版のインストールが認められている台数は、一つのプロダクトキーで 2台まで。
 ⇨誤って同じインストールボタンを使って、3台インストールするとライセンス違反です。



そこでオススメの管理方法は、「インストールディスク」+「ディスク用プロダクトキー」でインストールする方法です。

「ディスク用プロダクトキー」は、Office マイアカウントページの「プロダクトキーの表示(またはディスクからのインストール)」にある「ディスクに書き込む」というコンテンツの中に表示されますのでメモなどに控えます。

紐づけた数だけ「プロダクトキーの表示(またはディスクからのインストール)」はありますので、すべての「ディスク用プロダクトキー」を控えます。

この「ディスクに書き込む」というページの中で「インストールディスク」用の img ファイルもダウンロードできます。 
 ⇨ダウンロードした img ファイルを右クリックして「ディスクイメージの書き込み」で DVD に焼くことができます。
 
作った「インストールディスク」でインストールをすると、途中で「ディスク用プロダクトキー」を求められます。
 ⇨つまり、ディスク自体にはプロダクトキー情報などは保存されていない汎用のディスクですので、同じエディションなら何度も使いまわし可能。

この 「ディスク用プロダクトキー」は永久に変化しませんので、一度控えれば再度マイアカウントページにアクセスする必要もありません。

どの「ディスク用プロダクトキー」でどの PC にインストールしたのかを管理する方法が大量にインストールする際にはわかりやすく、再インストールも簡単なのです。



また、この「ディスク用プロダクトキー」はインストール後でもプロダクトキーの一部を確認することができます。

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行すると、プロダクトキーの下5桁が確認できます。

 注意:使用環境でコマンドが違います。


・64 ビット版の Windows で、32 ビット版(デフォルト)の Office を使用している場合。


Office 2013 用:
cscript "%programfiles(x86)%\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs" /dstatus

Office 2016 用:
cscript "%programfiles(x86)%\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs" /dstatus


・32 ビット版の Windows を使用している、または 64 ビット版の Windows で 64 ビット版(オプション選択)の Office を使用している場合。

 

Office 2013 用:

cscript "%programfiles%\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs" /dstatus

 

Office 2016 用:

cscript "%programfiles%\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs" /dstatus



以上、パッケージ版 Office を大量管理する方法でした。